糖尿病の予防改善!サラシア茶の効能効果

サラシア茶とはサラシアという植物から作られたお茶のことです。

このお茶が美容・健康に役立つことで注目を集めています。

お茶そのものの効能効果が広く知られるようになっている現在、
健康茶の一種として役立てられるようになっているのです。

a0006_000902

サラシア茶効能効果を知るためには、まず原材料のサラシアについて、
知っておく必要があります。

この植物はインド、セイロン島から東南アジアにかけて自生している植物で、
古くから糖尿病に効果があるとされてきました。

この効果は化学的にも証明されています。

このサラシアには食事で摂取した糖分を分解する、
「α-グルコシダーゼ」と呼ばれる酵素の働きを阻害する作用があるのです。

 

そのため、糖分を摂取した場合、エネルギーに必要な分だけを吸収し、
不要な分はそのまま排出されるのです。

糖分の過剰摂取がもたらす大きな問題点は余分な糖分が中性脂肪として、
体内に蓄えられていくこと。

その結果、血糖値の上昇や肥満といった問題が生じるのです。

つまり、サラシア茶効能効果は糖尿病の予防・改善、
さらに広く生活習慣病の予防にも役立つのです。

 

もうひとつ、整腸作用も忘れてはならないでしょう。

食事で摂取した糖分や炭水化物は、
唾液に含まれる酵素によって一部がオリゴ糖に分解されます。

サラシア茶によってオリゴ糖が体内に取り込まれず、
腸に到達することで善玉菌のエサとなり、腸内環境の改善に役立つのです。

そのため、下痢や便秘と言った腸のトラブルの改善効果も期待できるのです。

とくに便秘は吹き出物や肌荒れの原因にもなるだけに、
女性にとってうれしい効果効能となるでしょう。

お茶

ゆず茶の効能効果が美容に優れているの訳は?

a0027_002558

ゆず茶は、ゆずに含まれる豊富なビタミンによって美白効果があります。

たとえば、ビタミンCなどの含有量はレモンの3倍にもなります。

ビタミンCは、肌以外にも身体のいろいろなところに良い影響をもたらします。
特に疲労回復や風邪予防になるので、普段から積極的に摂取しておきましょう。

 

ゆず茶には他にも、栄養素としてペクチンという物質が含まれています。

これは食物繊維なので、腸の働きを整えてくれます。

その結果、下痢や便秘予防といった効能効果も持っています。

さらに、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病といった、
生活習慣病や血管の病気について予防するので、
中年以降の方の病気のリスクを低くしてくれます。

 

また、デトックス効果があり、ダイエットや健康目的で飲む方も多いです。
たとえば寝る前に飲むと、寝ている間に身体の老廃物を排出してくれます。

 

また、精神を安定させる働きもあり、安眠作用も持っていますので、
寝る前に飲むのにピッタリのお茶です。

基本的に栄養素が豊富で、身体の調子を総合的に整えてくれるので、
花粉症を予防するとも言われています。

先ほど挙げたビタミンCの他にも、カルシウムなどのミネラル分、
さらには鉄分なども多く含まれています。

これは特に、
ゆずの皮の部分に多く含まれているので、皮まで使用したお茶を飲むと栄養満点です。

食物繊維が多いため、飲み過ぎるとまれにお腹がゆるくなるかもしれませんが、
基本的には毎日たくさん飲めるお茶です。

お茶

菊芋茶に副作用があるって本当なの?

a0002_006979

菊芋茶は健康食品として知られていますが、過剰摂取には注意です。

他の健康食品でもそうですが、
有効な成分は多く摂り過ぎると効果が強く出過ぎてしまいます。

副作用の多くは間違った摂取方法が原因なので、適量を守って楽しむようにしましょう。

 

菊芋茶の効果には、血糖値の上昇を抑えるというものがあります。

これはイヌリンという物質によるもので、基本的には副作用を起こすことはありません。

ただし、血糖値を抑える薬を飲んでいる方は摂取を控えた方がいいでしょう。

また、食品の中に含まれる量は少ないものなので、
過剰に摂取すると体調が変化する可能性があります。
「菊芋茶に副作用があるって本当なの?」の続きを読む…

お茶

菊芋茶の作り方・まずはチップから

a0002_008644

菊芋茶の作り方は、チップをつくるところから始まります。

チップ上になったものが市販されていますし、ティーパックでも販売されていますが、
家庭でも一から作ることができます。

まずは、原料となる菊芋を洗い、スライスカッターなどを使って薄切りにしていきます。

それを軽く水で洗ってから、一枚ずつ並べて屋外に干しましょう。

2日ほどで完全に乾燥すると出来上がりです。

フリーザーバックなどに入れて涼しいところに置いておけば、長期保存もできます。

 

チップから菊芋茶を作るには、まずは焙煎が必要です。

焙煎の作業が作り方の中でも最も手間がかかるので、しっかり行いましょう。

焙煎は低温でじっくりと行うのがコツです。

色が変わってパリパリになったら、後は細かく砕いていきます。

成分が溶けやすいよう、かなり細かくしていきます。

そして、最後にティーパックに詰めれば完成です。

 

チップにした菊芋はお茶としても楽しめますが、その他の摂取方法もたくさんあります。

たとえば、そのままおやつとして食べることもできますし、
焼酎につけてリキュールにしてもいいでしょう。

イモ類は糖分が多く、お酒との相性は非常に良いです。

また、乾燥したものを水で戻し、味噌汁の具にすることもできます。

チップにしたものは乾燥してあるので長期保存できますが、湿気に注意してください。

なるべくなら涼しい風通しの良い所におき、保存場所には除湿剤などを入れておくといいでしょう。

焙煎後のチップでも保存は可能です。

お茶

女性に優しいタンポポ茶の効能効果

a0960_000185

タンポポ茶の原料であるタンポポは、昔から食品として利用されてきました。

特に、健康に良い食品として広く知られています。

近年になって注目されている理由は、その独特の効能効果です。

それは、ホルモンバランスの調整で、不妊の改善などに良いとされています。

他にも、タンポポ茶には利尿作用があり、生活習慣病全般の予防・改善という効果効能もあります。

タンポポは、世界中に生息しているキク科の植物です。

キク科の植物は広く食用として親しまれています。

例えば中国では、漢方の1つとして利用されてきました。

 

不妊の改善に役立つ他にも、母乳の出も良くしたりと、女性にとってメリットの多い食品です。

他にも、胃を丈夫にする作用、強壮作用、冷え性対策などがあります。

また、最近の研究では免疫機能を高めることもわかってきています。

ヨーロッパでは、葉をサラダやスープに入れて食べる習慣があります。

 

植物原料のお茶に広く存在する作用として、血液の循環や老廃物の排出があります。

タンポポもまた同じで、利尿作用や毛細血管拡張作用が組み合わさって、
身体の血流量を増加させます。

血液は体全体をめぐるので、その流れが良くなると様々なメリットがあるのです。

特に、お茶にすることで成分が吸収しやすい形になっているため、摂取方法としては理想的と言えます。

ティーパックになっている商品がスーパーやコンビニなどで手軽に購入できるので、
食事の時間や休憩時間に飲んでみることをおすすめします。

お茶

なた豆茶の副作用は加工過程で変わってくる

a0002_006633

健康に良いことで注目されているなた豆茶ですが、いくつか副作用があります。

そもそも、豆ではありますが、そのまま食品として流通はしていません。

その理由は、非常に強いアクがあることです。

加えて、薬効が強く、それを和らげる意味でもしっかりアク抜きをする必要があります。

原料をそのまま煮出して服用すると、場合によっては吐き気や下痢などといった症状が出る可能性があります。

特にこれは、なた豆茶がもつデトックス効果が原因です。

成分が適量であれば毒素を排出しますが、それが強すぎると胃腸に負担をかけてしまい、
それが吐き気や下痢につながるというわけです。

 

市販されているものを飲むならほぼ問題はありませんが、自分で育ててお茶を作る際には、
アク抜きに特に注意したほうがいいでしょう。

また、なた豆には白と赤のものがあり、赤なた豆に特に副作用があります。

膿の排出や免疫力を向上させる成分がたくさん含まれていますが、
それが強く出すぎるとむしろ身体には毒になるのです。

これを防ぐためには、しっかりと水洗いをすることと、
焙煎などによって加熱処理を行うことが重要になります。

特に焙煎は、時間を掛けて行うようにしましょう。

 

他にも、市販のものでもメーカーがしっかりした商品を選びましょう。

外国製のものは、安い反面成分が強くなっており、日本人の身体に合わない場合もあります。

国産の有名なメーカーのものは多くの人が飲めるように成分調整がしっかりしてあるので、
最初はそこから試してみましょう。

お茶

なた豆茶の効能効果はすごい!

a0006_000902

なた豆茶の原料は、その名の通り、マメ科の一年草であるなた豆です。

なた豆は古くから漢方薬として親しまれており、近年では特に、
健康食品や健康茶としてもポピュラーになっています。

効能効果は非常に幅広く、歯周病や口臭、蓄膿症、腎臓病、アトピー、肥満防止などに有効です。

また、近年では花粉症にも効果があると注目されています。

人気が出ている理由として、デトックス効果も挙げられます。

デトックスというのは身体の老廃物を排出することで、
具体的には、血行を良くすることで代謝を向上していきます。

 

より具体的な効能効果について見ていくと、例えば、蓄膿症の原因である膿を排出します。

また、殺菌消炎作用により、歯茎の腫れを抑えて歯槽膿漏などを改善し、
さらには口臭も予防します。

また、血行促進によってむくみが改善され、さらには関節痛も改善されると言われています。

そして、免疫力を高めることでも知られています。

そのため、アトピーやアレルギーといった、
なかなか治りにくい症状を穏やかに改善していくことができます。

継続して飲むことで効果は生み出されていきます。

 

なた豆について、いくつか雑学もあります。

サヤは、福神漬けに入れられています。

また、実の部分が漢方薬として利用されており、特に膿取りの目的で使用されます。

その他、お茶ですがカフェインは含まれていません。

カフェインが苦手な方やお子様などにも幅広く愛用できる飲料です。

また、お茶にすることで成分の吸収効率が上がります。

お茶

どくだみ茶に副作用ってあるの?

健康に良いと言われるどくだみ茶には、多少の副作用があります。

副作用と聞くと危険なイメージがありますが、
医薬品などのように作用が激しいものではありません。

例えば、便が少々緩くなる、飲み過ぎるとお腹が痛くなるといった程度です。

また、どくだみ茶のような自然素材を使った食品の場合は、作用が出るとしても、
相当な量を継続的に飲んだ場合に限ります。

適度な量を飲んでいれば、めったに現れることではありません

 

また、含まれる成分の性質上、腎臓機能が弱まっている人は飲むのを控えた方がいいでしょう。

これは副作用とは異なり、成分のカリウムによって高カリウム血症という症状が起こるからです。

特に、高齢者など腎機能が低下している方や利尿剤を服用している方は注意が必要です。

 

その他にも、飲み過ぎは肝臓へ負担をかけてしまいます。

また、体質的に合わない人もいます。

身体に合わない人は、最初に飲んだ時点でいくらか不具合が生じることがあります。

はじめは少量ずつ飲んで、異常がないか確認した方がいいでしょう。

とは言え、どくだみは基本的には安全な食品です。

自然食品であり、薬草や漢方薬として長く親しまれてきたものです。

他の自然食品でもそうですが、同じものを過剰に摂取することで、
問題のない成分でも身体に過剰に働きかけてしまい、体調不良になることがあります。

お茶ではありますが、カフェインも含まれていないので、子供でも安心して飲めます。

まずは市販のものから試してみて、慣れてきたら生の葉を使ってお茶にしてもいいでしょう。

「どくだみ茶に副作用ってあるの?」の続きを読む…

お茶

どくだみ茶の驚愕の効能効果とは

どくだみ茶は古くから親しまれている飲み物です。

原料のどくだみは多年草で、効能効果は十種類にも及びます。

漢方薬としても、その効能効果と安全性は確かなものとして認められています。

どくだみ茶には、原料であるどくだみに含まれる様々な物質が含まれています。

例えばクエルチトリンという物質は、強い利尿作用があり、血圧を下げる作用も持っています。

他にも、血液をサラサラにする物質があります。

 

また、ミネラル分として知られているカリウムが含まれており、
特に体内の余分な塩分を排出する働きを持っています。

そのため、高血圧の予防に役立つと言われています。

ここまでの説明を見てもわかるように、血管や血液に働きかける効果が高く、
その他にも、殺菌成分も含まれています。

 

身体への作用についてより具体的に見ていくと、まずは飲料として服用することで、
内臓の毛細血管を強くします。

また、肌をきれいにする効果もあります。

利尿作用については、膀胱炎や腎炎を改善する効果を持っています。

血行促進効果によって、むくみや肩こり、冷え性の改善にも有効です。

 

どくだみには独特の香りがあり、慣れていないと不快に感じる人もいますが、
その独特の香りにはアロマテラピー効果もあります。

慣れれば、香りを楽しんでリラックス効果が期待できます。

どくだみは住宅の庭や空き地などにも生えているほどポピュラーな植物です。

栽培も簡単ですが、増えすぎることがあるので注意しましょう。

お茶

良いことづくめ菊芋茶の効能効果

菊芋茶の原料である菊芋は、見た目が生姜にそっくりな根を持っているキク科の植物です。

様々な効果効能を持つと言われていますが、それにはイヌリンという物質が関係しています。

これは食物繊維の一種で、糖尿病や、肥満や中性脂肪など生活習慣病やその原因を除去することで知られています。

他にも、腸内の善玉菌を増やすことで便秘を改善し、
さらには癌の改善にも役立つと言われています。

その他、アトピーなどの病気も改善すると期待されています。

 

菊芋茶に含まれるイヌリンの最も大きな効果効能には、血糖値を下げる作用があります。

血糖値を下げることは、糖尿病対策をはじめ、高血圧や、肥満の改善・予防に役立ちます。

特に、食事の際に一緒に摂取すると身体に良いと言われています。

また、ダイエット目的で摂取する人もいます。

いわゆる低インシュリンダイエットの1つに分類されるものです。

仕組みは単純で、血糖値を低く保つ効果により、
食事で摂取したエネルギーがゆっくり吸収されることになります。

これによって、身体の中での脂肪生成を抑制するのです。

 

アトピーやアレルギーなどを改善するのは、腸内で善玉菌を増やす作用によるものです。

特に、腸内のオリゴ糖を増やして、それを栄養にする善玉菌が増殖していきます。

実は、アレルギーなどの免疫系の疾患の原因には消化不良が挙げられており、
それを改善することによって症状が改善するというわけです。

このように、身体にとって良いことずくめの食品なので、
お茶で手軽に摂取して健康改善に役立てましょう。

お茶