ごぼう茶の副作用とは

a0002_011449

健康・美容に効果が得られ、手軽に摂取できることもありお茶が健康飲料として注目を集めています。

しかし一方では手軽に摂取できる点が副作用の問題ももたらしています。

安易に摂取しすぎるとかえって健康に害をもたらしてしまう可能性もあるのです。

ではダイエット効果で注目されているごぼう茶の副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

危険性はそれほど高くないものの、いくつかの副作用が報告されています。

 

まずサポニンの過剰摂取によるもの。

抗酸化作用など優れた効能で知られるサポニンですが、
摂取しすぎると胃の調子が悪くなるなどの副作用が見られます。

また人によってはアレルギーが発生する可能性もあります。

アレルギーの場合は体の不調のほか、息苦しさなどの症状が見られます。

 

もうひとつ、ごぼう茶の副作用として知られるのが中毒症状。

ごく珍しいケースですが、中毒症状に陥ってしまうことで眠気や口内の乾燥、
肌トラブルといった問題が生じることもあります。

日常生活の中で慢性的にこうした症状が表れるため、ごぼう茶を飲んでいて不快感を覚えた場合には「健康によいから」などと我慢せずにやめた方が無難です。

 

なお、ごぼうには子宮・卵巣を刺激し、収縮させる作用があるため、
妊娠中の服用は禁忌となっています。

女性はこの点を必ず踏まえておきましょう。

 

基本的には優れた健康効果を備えたお茶ですが、だからこそこうした副作用への注意点を踏まえたうえで活用していきたいところです。

「ごぼう茶の副作用とは」の続きを読む…

お茶

ごぼう茶のダイエット効果

a0006_002120

ダイエットにお茶が効果的なことが広く知られるようになっています。

関心と需要の高まりからさまざまなお茶が紹介され、
それに応えてメーカーによる製品化も目立ちます。

そんななか、優れたダイエット効果で注目されているのがごぼう茶です。

ごぼう茶とはその名の通り、ごぼうから作られるお茶のことです。

あまりなじみがない人も多いかもしれませんが、
こぼうに含まれている優れた栄養価を役立てられるお茶なのです。

 

ごぼうにはポリフェノールやアルギニンといった成分が豊富に含まれているのです。

これらの成分は健康な体を作るのに役立つほか、抗酸化作用も備わっているため、
老化による肌トラブルやむくみ、冷え性の解消などの効果が期待できます。

しかし一番の魅力はやはりダイエットへの効果。

ごぼう茶のダイエット効果の最大のポイントは体内のデトックスを促す点。

ごぼうは消化しにくい特徴があります。

そのためお腹の中を通過する際に胃や腸を洗浄し、
老廃物の排出を促す作用が備わっています。

とくに便秘への効果が高く、腸の蠕動運動を高めることで排便を促すことができます。

また、腸内に溜まった便や老廃物を排出させることで摂取した栄養の吸収効率を高めることができるほか、逆に脂肪の吸収を抑えたり、代謝を高めたりすることで太りにくい体にすることもできます。

さらに体のむくみを解消することで体型をすっきり見せる効果も期待できます。

とくに下半身太りに悩まされている人にとっては重要な効果でしょう。

このように、ごぼう茶のダイエット効果は健康や美肌にも大きな影響を及ぼすのです。

お茶

緑茶の効能効果について

a0800_000400

緑茶が健康飲料として注目を集めるようになりました。

それどころか美容対策として積極的に役立てられる傾向も見られます。

それだけ優れた効果が備わっているわけですが、
では緑茶の効能効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

緑茶の最大のポイントはカテキンという成分です。

ポリフェノールの一種であるこのカテキンはお茶の渋みをもたらすものです。

これには健康・美容など幅広い方面への効能効果が期待できるのです。

まず抗酸化作用。

活性酸素の発生を抑制し、体の老化を防いでくれます。

健康・美容両面に役立つ重要なポイントです。

 

それからメタボリックシンドロームの予防・改善に役立つ効果。

血中コレステロールの抑制、体脂肪の低下、血圧・血糖値の上昇を抑制する作用など、
40代を過ぎた男性にとってはとくに重要な役割となるでしょう。

他には抗菌・殺菌作用による虫歯や皮膚疾患の予防、
免疫力の強化による病気の予防効果なども挙げられます。

緑茶の効能効果ではカテキン以外の成分も重要です。

 

たとえばビタミン。

緑茶には多彩なビタミンが含まれています。

ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す効果、ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康を維持する効果、葉酸は動脈硬化の予防、ビタミンEは抗酸化作用、βカロテンは視力の維持などに役立ちます。

さらにサポニンは血圧のコントロールなどにテアニンはストレス解消やリラックス、
神経細胞を保護する作用に、カフェインは覚醒作用、利尿作用などに役立ってくれます。

カフェインが含まれてているため、飲みすぎには注意が必要ですが、
このように緑茶には健康に役立つ効能効果が幅広く含まれています。

「緑茶の効能効果について」の続きを読む…

お茶