菊芋の栽培【時期と注意点】

a0027_001421

菊芋の栽培は農村などを中心に行われてきましたが、
近年では都会でもこれを行う人が増えてきています。

菊芋は生命力が強いのが有名で、それほど注意しなくても比較的簡単に栽培できる植物です。

定期的に水を与えなくても、都度与えていれば十分育ってくれます。

 

菊芋を植える場合は、4月くらいが良いと言われていています。

4月に植えた菊芋は9月には3メートルくらいの大きさに到達します。

この植物は成長がとても速くかなりの高さになるので、
出来るだけそれを考慮した場所での栽培を心がけましょう。

しかし、長くなりすぎた部分を切っても問題は無いので、
都会で栽培する場合でも対応は出来ます。

 

そして9月になった菊芋は黄色い花をつけます。

この花は1ヶ月くらい咲いているので、観賞して楽しむことが出来ます。

11月になるとこの花も枯れてきてしまい、12月には収穫が出来る状態となります。

 

菊芋の収穫は基本的には食べる分だけというのが一般的です。

というのも、キクイモは土の中の栄養を吸収するので、
食べない分は土から出さないようするのが良いとされています。

 

またキクイモは生命力がとても強いので、一度栽培すると容易に止めることはできません。

土の中の根を全て取り除かない限り、雑草のように無くならないのも特徴となっています。

したがって、キクイモを栽培するときは出来るだけ長期的な視野でやることと、
場所に注意をすることが重要です。

一方で、最近ではプランターで育てることもできるようになっているので、
一度挑戦してみたい人や大きな土地がない人でも楽しむことは出来ます。

「菊芋の栽培【時期と注意点】」の続きを読む…

体に良くておいしい!菊芋の定番レシピ

イヌリンが高血圧やダイエット、腸内環境改善に効果があることから有名な菊芋ですが、
食卓に上がることはほとんどないと思います。

まだまだ一般的な食べ物ではないので食べ方やレシピを知らない人も多いようです。

それでは、いつも菊芋を食べている人はどんなレシピでこれを摂取しているのでしょうか。

菊芋レシピのいくつかを紹介します。

 

菊芋のきんぴら

まず菊芋を皮が付いたままキレイに洗います。

汚れが取れたら、これを短冊状に 切っていきます。

ゴボウのきんぴらを作る要領で大丈夫です。

短冊状に切れたら、これを水にさらしておきましょう。

ニンジンも同じサイズに切ります。

そのあと鍋にサラダ油を入れ、カットした菊芋とニンジンを入れて炒めます。

しんなりしてきたら、砂糖を入れます。

その後、みりんやだしの素、醤油で味を調えたら出来上がりです。

 

菊芋チップス

歯ブラシなどで汚れをキレイに落とした菊芋をスライサーでスライスしていきます。

スライスしたらアクを取るため、しばらく水に付けておきます。

アクが取れたら、水気を完全に取ります。

ここまできたらあとは揚げるだけです。

190度の油で12分程度揚げれば完成です。

 

菊芋の漬物

菊芋の定番の味噌漬けの場合、ほかの料理と同じようによく洗い、
アクを取るために水に浸します。

その後、皮をむかずにスライサーでカットします。

味噌と調味料を合わせたボールにスライスしたキクイモを入れよくかき混ぜ、
ふたができる容器に入れ冷蔵庫で冷やします。

2日くらいたつと味噌の表面が水っぽくなってくるので、それをかき混ぜます。

これを繰り返すと1週間くらいで浅漬けとなります。

 

キクイモの定番レシピを紹介しましたが、これ以外にもおいしい食べ方はたくさんあるので、
いろいろ調べて見てはいかがでしょうか。

「体に良くておいしい!菊芋の定番レシピ」の続きを読む…

下処理が大事!菊芋の食べ方

a0002_010299

菊芋はチップス・漬物・サラダの他、最近では多くのレシピで用いられる食材です。

食べ方はいろいろあるのですが、下処理をきちんとして料理をしましょう。

 

菊芋の皮はアクが多いので、アクをとってから食べるのが一般的です。

菊芋の皮にはほとんど栄養が含まれていないので、
とくにアクで口の中が荒れるような人は皮をキレイに剥いて料理するといいでしょう。

また、それでもアクが気になるという人は、皮を剥いたあと水につけておくとアクがなくなります。

水につけておく時間は長ければ良いとゆうものではないので、
自分で調整しながら自分にちょうど良い時間を探っていきましょう。

菊芋の成分であるイヌリンは水溶性のため、長く水につけていると栄養が流れてしまいます。

 

菊芋の皮を剥かないで食べる場合は、汚れをキレイに落としましょう。

歯ブラシなどを使って洗うと細かい部分まで汚れが落ちます。

菊芋料理の注意点としては、菊芋の成分はお酢に弱いので、お酢と和える料理の場合は、
出来るだけ食べる直前にこれと和えるようにしましょう。

 

食べ方としては、生で細切りにしサラダでシャキシャキ食べたり、スライスしたものを揚げてチップスにしてサクッと食べたり、柔らかく煮て煮物として食べたりといろいろな食べ方が楽しめます。

煮物にした場合は、汁に栄養成分が流れて出てしまっているので汁まで飲むようにすると栄養も十分摂取できます。

菊芋はどんな食べ方でも楽しめるので、自分でいろいろ試して新しい食べ方を探してみてはいかがでしょうか。

「下処理が大事!菊芋の食べ方」の続きを読む…

桜餅と道明寺の違いは粉と地域

桜餅と言われれば、多くの人はピンク色の皮製の生地であんこを包んだものを連想することでしょう。

しかしこの桜餅には、じつは2つの種類があります。

私たちが一般にイメージする桜餅と、
関西地方でおもに食されている「道明寺」と呼ばれるタイプです。

a0002_000187

では、桜餅と道明寺の違いはどのような点にあるのでしょうか。

まず違いとして挙げられるのが材料。

桜餅は小麦粉を使用しているのに対し、
道明寺は「道明寺粉」と呼ばれる材料を使用しています。

名称もこの材料が由来です。

道明寺粉とは、もち米を1度蒸した状態にして乾燥させ、砕いたものです。

古代から中世にかけてよく食べられたものに「乾飯」というものがありました。

保存食の一種で、乾燥したお米を水やお湯で柔らかくしたり、
硬いまま食べることができたため、旅行中や戦場で広く用いられました。

道明寺はそんな伝統的な食材を活かした食材なのです。

いっぽう、桜餅は平和になった江戸時代に生まれたもので、
もともとはお餅で作られていました。

桜餅と道明寺の違いはこうしたルーツにもあるのです。

 

これらが主な違いですが、他にも使用する桜の種類や葉っぱの薄さなどにも違いがあり、桜餅は葉が薄いものを使用しているので一緒に食べる、道明寺は厚いものを使用しているので食べないなどと言われていましたが、この点は現在ではほとんど違いがなくなっており、どちらも食されることが多いようです。

 

関西在住の人にとっては、桜餅といえば道明寺をまず連想することでしょう。

関東に住んでいる人は2つの種類があること、
その違いを知っておくとよいのではないでしょうか。

「桜餅と道明寺の違いは粉と地域」の続きを読む…

新感覚!温める食べる朝食やわらかりんごヨーグルト

ヨーグルトを温かくして食べるホットヨーグルトが話題になっています。

ヨーグルトは腸内環境を良くする体に良い食べ物ですが、一般的には冷やして食べるものです。

しかし寒いときに冷たいものを食べたくないという人や、
冷たいものが苦手という人がヨーグルトを温めて食べ始め、ネットや雑誌で評判になりました。

そこでグリコ乳業が発売したのが「朝食やわらかりんごヨーグルト」です。

これは、もともと「朝食りんごヨーグルト」というシャキシャキのりんごが入ったヨーグルトを、
新しい食べ方としてレンジで温めて食べれるように作ったものです。

だから、「朝食やわらかりんごヨーグルト」のリンゴはシャキシャキではなくシロップで煮詰めたコンポート風のものになっています。

このリンゴは温めたヨーグルトとの相性が良く、アップルパイを感じることができます。

 

食べ方は簡単で、ヨーグルトのふたのアルミ部分を残さずきれいに剥がし、
ラップをかけずに電子レンジでチンするだけです。

あとは40度くらいに加熱したヨーグルトを、かきまぜて食べるそれだけです。

 

「温かくて食べやすい」とか「まろやかでおいしい」などの口コミもあり、
スーパーやコンビニなどで人気商品となっています。

「朝食やわらかりんごヨーグルト」だけでなくホットヨーグルトは冬はもちろんのこと、
その他の季節でもお腹の調子が悪い人や、
赤ちゃんなどにも優しいのでこれからどんどん人気が出るものになるのではないでしょうか。

ヘルシーで話題!レンジでチンするから揚げ粉とテリヤキ粉

a0002_011487

仕事をしていて時間がない人は、食事もレンジで簡単に済ませてしまっているケースが多いと思います。

レンジで温めるだけのものなので、いつも同じものになってしまうという人も多いようです。

しかし最近では、簡単でヘルシーで本格的な味が味わえるものが話題になっています。

 

それが昭和産業㈱の「レンジでチンするから揚げ粉」です。

油もフライパンも使わないのでとてもヘルシーで、
食べたい時に電子レンジでチンするだけなので手軽というところが人気になっています。

 

作り方はカットした鶏もも肉をビニール袋に入れ、
その中にから揚げ粉を入れてまぶしていきます。

まぶし終わったらキッチンペーパーに鶏肉を出して、
そのキッチンペーパーのままレンジでチンするだけ。

10分もあれば出来てしまいます。

しかも油を使っていないのでカロリーも、通常のから揚げと比べて20パーセントも少なく出来上がります。

 

また、から揚げ粉が好評ということで新しい商品も発売されています。

電子レンジでてりやきが簡単にできる「レンジでチンする炙り風テリヤキ粉」というものです。

電子レンジのボーン効果(熱が骨にはね返り内側から温める)を使ってテリヤキを簡単に作れる優れものです。

作り方もから揚げ粉と同じなのでとても手軽です。

この商品もヒット間違いなしということで、
テレビ朝日の「スマステーション」でも取り上げられました。

ヘルシーで簡単に作れる新しいメニューとして、今後のシリーズも期待されます。