危険防止に!サーフィンのリーシュコードの付け方

スポンサードリンク

a1180_003739

サーフィンは一歩間違うと危険が伴うスポーツです。

本人だけでなく周囲の海水浴客にも迷惑をかけてしまう恐れがあるだけにリーシュコードの取り付けは絶対条件。

このコードでサーファンと足をつなぐことで転倒時や波に流されたときにボードが離れて他の人にぶつかってしまうといった問題をさけることができます。

 

ただ、サーファンのリーシュコードの付け方には工夫が必要です。

あくまでサーファンの邪魔にならないように取り付ける必要があるからです。

まず前提となるのは前足ではなく後ろ足につけること。

前足につけてしまうとサーファンの途中でコードを踏んでしまいバランスを崩す恐れがあります。

どちらが前足か、後ろ足かはスタンスによって異なります。

基本となるレギュラースタンスでは右足になりますし、
グーフィースタンスでは逆になるわけです。

 

コードができるだけ邪魔にならないよう配慮するのも大事なサーフィンのリーシュコードの付け方のポイントです。

そのコツはコードを後方、サーファンのテール部分にまわりこませるように付けること。

後ろ足の前に来る状態だと足を引っ掛けてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

それからコードの長さ、6フィート前後が一般的ですが、ロングボートの場合はもう少し長めを選びましょう。

この点は海の状態や波のサイズに合わせて調節することも必要ですが、
一般のサーファーなら6フィートクラスを選んでおけば問題ないでしょう。

 

こうした最低限のサーフィンのリーシュコードの付け方を踏まえておくだけで安全で迷惑をかけずにサーフィンを楽しむことができるはずです。