天神祭奉納花火2014はいつ?穴場スポットは?

スポンサードリンク

日本三大祭りの一つで、大阪の夏の大イベントのひとつが天神祭です。

この天神祭は京都の祇園、東京の神田祭と並ぶ大きなお祭りで、
歴史は千年以上あるとも言われています。

関西の人の中にはこのお祭りを楽しみに1年を過ごしてきたなんて言う人もいるのではないでしょうか。

9ecad96156819abe66382a4c9dde6eef_s

このお祭りの見どころは、船渡御、ギャルみこし、そしてなんといっても奉納花火です。

暑い大阪の夜を美しく彩る花火は圧巻です。

そんな天神祭の2014年の日程がわかったので、
穴場スポットとアクセスも含めてお知らせします。

 

日程(いつ?何時から?)

 

2014年の天神祭の日程は7月24日(木)と7月25日(金)です。

24・25というのは例年通りなので、間違える人は少ないかもしれませんね。

7月24日(木)は宵宮、7月25日(金)が本宮となり奉納花火がある日になります。

花火が打ちあがる時間は19時から21時の予定となっています。

今年は金曜日なので、多くの人でにぎあうでしょう。

 

アクセス

 

打ち上げ場所は桜之宮公園と川崎公園周辺になります。

桜之宮公園へはJR環状線桜ノ宮駅より徒歩10分くらい、
川崎公園周辺にはJR東西線大阪城北詰駅より徒歩10分くらいとなります。

混雑が予想されるので打ち上げ場所近くで見る人は、
できるだけ早めに行くことをお勧めします。

スポンサードリンク


穴場スポットは?どこで見ればいい?

 

花火は見たいけど混雑は嫌という人に穴場スポットをご紹介します。
まず都島橋

打ち上げ場所からは離れていますが、比較的人が少なく余裕をもって見ることができます。
もう一つは梅田の阪急32番街の上層階。

こちらも打ち上げ場所からは離れていますが、高い位置からなので十分花火を堪能できます。

 

しかし、どちらのスポットも最近ではかなり有名になってきているので、
静かにみられるわけではありません。

大阪の街中で上がる花火なだけに、誰もいないところはかなり少ないと思いますが、できるだけゆっくり見れるところを確保してこの花火を楽しんでください。