隅田川花火大会はいつ?何時から?どこで見ればいい?

スポンサードリンク

江戸時代から続いている隅田川の花火大会が今年もやってきます。

日本で最も古く有名な花火大会名だけに、
今年も多くの人が浅草界隈に訪れてこの花火を見ることでしょう。

毎年90万人以上の人が訪れているので、
会場の近くで花火を見るのはかなり厳しい状況だと思われます。

5600d5423ca9ffb7fafc17cc631280e3_s

そこで、どこから見ればいいか穴場スポットの紹介と、
今年の隅田川花火大会の日程・時間をお知らせします。

 

日程(いつ?何時から?)

 

日程ですが2014年は7月26日(土)に決定しています。

時間は打ち上げ場所によって少し違っています。

 

第一会場である桜橋下流~言問橋上流は19時05分から、
第二会場の駒形橋下流~厩橋上流は19時30分からの打ち上げになります。

打ち上げ終了時刻は20時30分の予定となっています。

また雨で延期となった場合は翌日の7月27日(日)に開催されます。

 

有料観覧席はあるの?

 

有料席は数か所ありますが、締め切りが早く今年は5月に締め切ってしまっています。

そのため、今から有料席で観覧することはできません。

ちなみに有料席は以下の場所です。

墨田区側第二会場 両国親水テラス
台東区側第一会場 台東リバーサイドスポーツセンター野球場
台東区側第一会場 台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

スポンサードリンク


穴場スポットは?どこから見ればいい?

 

隅田川花火大会は90万以上の人が訪れるビッグイベントなだけに、
会場近くで見るのはかなり厳しいと思われます。

前に進むのも一苦労な混雑が予想されますので、
できるだけ人が少ないところで見ることをお勧めします。

 

それではどこで見ればいいかですが、

まずは東白鬚公園です。

会場からは少し離れていますが、
それだけに比較的ゆっくり花火が見れるポイントになっています。

公園も広いので場所取りも楽なほうだと思います。


大きな地図で見る

 またその対岸にある汐入公園も穴場と言えます。

こちらも東白鬚公園と同様に混雑は低めです。


大きな地図で見る

 

アクセスですが、東白鬚公園は東武スカイツリーラインの鐘ヶ淵駅から歩いて7分、
汐入公園は南千住から15分程度になります。

 

隅田川花火大会はスカイツリーから見れれば最高ですが、なかなか入るのも難しいと思うので遠目からでも、ゆっくり楽しめる場所を選ぶのもいいですよね。