長岡花火大会はいつ?何時から?有料観覧席はあるの?

スポンサードリンク

日本三大花火大会の一つである長岡まつり花火大会は、
新潟県の夏の風物詩として全国でも有名な花火大会です。

2日間にわたって行われるこのイベントには、
毎年90万人ちかくの人が訪れ美しい花火を楽しんでいます。

d5e2a81c9ac456a28f7692c6939b5295_s

今年はこの長岡花火大会を見てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、この花火大会の日程や時間、アクセス、有料観覧席などについてお知らせします。

 

日程(いつ?何時から?)

 

2014年長岡まつり花火大会の日程は8月2日(土)と8月3日(日)です。

時間は19時25分から21時10分を予定しています。

打ち上げ場所は長生橋下流 信濃川河川敷となっています。

日時は昨年と同様8月2日と8月3日なので間違わないと思いますが、
今年は土日開催なのでいつも以上に混雑すると思われます。

 

アクセス

 

電車で行く場合、JR長岡駅から歩いて30分くらいかかります。

公共交通機関でのアクセスはあまりいとは言えない場所なので、
車で行く場合についてもお知らせします。

車で行く場合、関越道長岡ICから国営越後丘陵公園駐車場まで約20分くらいです。

国営越後丘陵公園駐車場からは無料シャトルバスが出ていますので、
会場まではこれで行くことができます。

ちなみに国営越後丘陵公園駐車場1850台止められ1日1500円の駐車料金がかかります。


大きな地図で見る

 

有料観覧席はあるの?

 

長岡まつり花火大会は有料観覧席があります。

毎年8万人分の有料観覧席があるのですが、
今年は1.5倍の12万席用意されているとのことです。

すべて指定席になっているので、ここに座れれば混雑の中花火を見ないでも済みそうですね。

長岡市民向けの割り当てが4月から5月に発売され、
一般向けが6月上旬に発売されています。

しかし、この一般向け観覧席ですが、
例年発売初日に売り切れてしまうプラチナチケットとなっています。

ですので、ご購入予定の人はできるだけ急いでください。

 

もちろん有料観覧席でなくても、十分に花火を楽しめるスポットはたくさんあります。

東京の隅田川花火大会や大阪の天神祭などに比べれば高い建物がなく見やすいと思うので、自分なりに見やすい場所を探してこの花火大会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク