機動戦士ガンダム展・大阪東京開催場所は?日程はいつ?

スポンサードリンク

ガンダムファン待望の「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」
ガンダムの誕生35周年を記念して東京と大阪で開催されることが決まりました。

今回のガンダム展はファーストガンダムを中心に、

その世界観と魅力をたっぷりと紹介する本格的な展覧会になっています。

そこで、このガンダム展の内容と開催場所のアクセス方法、日程等について詳しくお知らせします。

CNK51805

見どころは?

 

①オープニングシアター「大気圏突入」

ホワイトベースのブリッジにみたたてシアターで、
大気圏突入の迫力ある新作映像を見ることができます。

ガンダムとシャアザクの戦いを体感できます。

 

② メイキング・オブ・ガンダム

ファーストガンダムの貴重な資料約1000点の展示

個性的なキャラクターや独特なメカニックデザインの原案を見ることができます。

 

③ガンダムは終わらない

ガンダムシリーズをダイジェストで集めた「ALL G トリビュート・クロニクル」の映像公開。

2014年秋公開の「ガンダム Gのレコンギスタ」の最新映像の公開。

 

その他

「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」だけで購入できるグッズ販売。

限定ガンプラも発売予定となっています。

(大阪会場と東京会場ではグッズ内容は一部変更される予定)

スポンサードリンク


日程はいつから?

 

大阪会場での開催は
2014年7月12日(金)から2014年8月31日(日)です。

時間は10時から20時までで、場所は大坂文化館・天保山です。

 

東京会場は2015年7月18日(土)から9月27日(日)

場所は森アーツセンターギャラリーとなっています。

東京会場のほうは2015年の7月なのでまだまだ先ですが、
早めにチケット等を抑えておくのもいいかもしれません。

 

大阪会場の料金は一般・大学生 2,000円、中学・高校生 1,500円、
4歳~小学生 800円となっています。

 

開催場所へのアクセス

 

大阪会場となっている大坂文化館・天保山へのアクセスは電車の場合、大阪市営地下鉄中央線「大阪港」駅下車徒歩5分、車の場合阪神高速湾岸線・大阪港線「天保山」ICより約5分です。


大きな地図で見る

 

東京会場となっている森アーツセンターギャラリーは六本木ヒルズ森タワーの52Fです。

こちらへは東京メトロ日比谷線「六本木駅」徒歩0分(コンコースにて直結)、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」徒歩4分、都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」徒歩5分になります。


大きな地図で見る
この機を逃すと見れなくなる貴重な展示品や映像があるので、ガンダムファンなら足を運んでもいいかもしれませんね。