ペディキュアの簡単なやり方

スポンサードリンク

6188bf3d54142c23ad093f4cfcd8ec6d_s

ペディキュアとはフットネイルのことです。

マニキュアの一種ですが、単に見栄えをよくするだけでなく、
足の指や爪のケアも含めた広い意味で使われます。

角質が厚くなってガサガサになってしまったり、
爪先がボロボロになってしまったりしている人も多いでしょう。

そのケアを行い、マニキュアが映える環境を整えつつ、
ネイルアートを楽しむのがペディキュアなのです。

 

ペディキュアの簡単なやり方にはいくつかのコツがあります。

まず爪の表面を滑らかにしておくこと。

実際に確認してみるとわかりますが、
手の指の爪に比べて足の爪は表面が波打っているなど起伏があります。

この状態でマニキュアやジェルを塗ってもムラができてしまい、美しく仕上がりません。

そのため事前にエメリーボード(爪やすり)を使って表面を滑らかに整えておきます。

 

それから角質ケア。

新陳代謝が乱れていると角質が正常に剥がれ落ちずに皮膚がガサガサになってしまいます。

角質をしっかりと削っておきましょう。

これも爪やすりで行うことができるほか、
専用の健康器具も安価で売られているのでうまく利用しましょう。

 

こうした準備を整えた上でマニキュアやジェルを塗っていくわけですが、
手に比べてやりやすいともいえます。

両手を使って作業できるからです。

基本的なポイントは手の指と同じ、ベースジェル、カラージェル、トップジェル、
どれも薄く、満遍なく塗っていくこと。

カラージェルは3度塗りぐらいするつもりで手間隙かけて行っていきましょう。

こうしたペディキュアの簡単なやり方を見ると、事前の準備が重要なことがわかります。

足の状態も踏まえつつ適切に行っていきましょう。

スポンサードリンク