どくだみ茶の驚愕の効能効果とは

スポンサードリンク

どくだみ茶は古くから親しまれている飲み物です。

原料のどくだみは多年草で、効能効果は十種類にも及びます。

漢方薬としても、その効能効果と安全性は確かなものとして認められています。

どくだみ茶には、原料であるどくだみに含まれる様々な物質が含まれています。

例えばクエルチトリンという物質は、強い利尿作用があり、血圧を下げる作用も持っています。

他にも、血液をサラサラにする物質があります。

 

また、ミネラル分として知られているカリウムが含まれており、
特に体内の余分な塩分を排出する働きを持っています。

そのため、高血圧の予防に役立つと言われています。

ここまでの説明を見てもわかるように、血管や血液に働きかける効果が高く、
その他にも、殺菌成分も含まれています。

 

身体への作用についてより具体的に見ていくと、まずは飲料として服用することで、
内臓の毛細血管を強くします。

また、肌をきれいにする効果もあります。

利尿作用については、膀胱炎や腎炎を改善する効果を持っています。

血行促進効果によって、むくみや肩こり、冷え性の改善にも有効です。

 

どくだみには独特の香りがあり、慣れていないと不快に感じる人もいますが、
その独特の香りにはアロマテラピー効果もあります。

慣れれば、香りを楽しんでリラックス効果が期待できます。

どくだみは住宅の庭や空き地などにも生えているほどポピュラーな植物です。

栽培も簡単ですが、増えすぎることがあるので注意しましょう。