なた豆茶の副作用は加工過程で変わってくる

スポンサードリンク

a0002_006633

健康に良いことで注目されているなた豆茶ですが、いくつか副作用があります。

そもそも、豆ではありますが、そのまま食品として流通はしていません。

その理由は、非常に強いアクがあることです。

加えて、薬効が強く、それを和らげる意味でもしっかりアク抜きをする必要があります。

原料をそのまま煮出して服用すると、場合によっては吐き気や下痢などといった症状が出る可能性があります。

特にこれは、なた豆茶がもつデトックス効果が原因です。

成分が適量であれば毒素を排出しますが、それが強すぎると胃腸に負担をかけてしまい、
それが吐き気や下痢につながるというわけです。

 

市販されているものを飲むならほぼ問題はありませんが、自分で育ててお茶を作る際には、
アク抜きに特に注意したほうがいいでしょう。

また、なた豆には白と赤のものがあり、赤なた豆に特に副作用があります。

膿の排出や免疫力を向上させる成分がたくさん含まれていますが、
それが強く出すぎるとむしろ身体には毒になるのです。

これを防ぐためには、しっかりと水洗いをすることと、
焙煎などによって加熱処理を行うことが重要になります。

特に焙煎は、時間を掛けて行うようにしましょう。

 

他にも、市販のものでもメーカーがしっかりした商品を選びましょう。

外国製のものは、安い反面成分が強くなっており、日本人の身体に合わない場合もあります。

国産の有名なメーカーのものは多くの人が飲めるように成分調整がしっかりしてあるので、
最初はそこから試してみましょう。