良いことづくめ菊芋茶の効能効果

スポンサードリンク

菊芋茶の原料である菊芋は、見た目が生姜にそっくりな根を持っているキク科の植物です。

様々な効果効能を持つと言われていますが、それにはイヌリンという物質が関係しています。

これは食物繊維の一種で、糖尿病や、肥満や中性脂肪など生活習慣病やその原因を除去することで知られています。

他にも、腸内の善玉菌を増やすことで便秘を改善し、
さらには癌の改善にも役立つと言われています。

その他、アトピーなどの病気も改善すると期待されています。

 

菊芋茶に含まれるイヌリンの最も大きな効果効能には、血糖値を下げる作用があります。

血糖値を下げることは、糖尿病対策をはじめ、高血圧や、肥満の改善・予防に役立ちます。

特に、食事の際に一緒に摂取すると身体に良いと言われています。

また、ダイエット目的で摂取する人もいます。

いわゆる低インシュリンダイエットの1つに分類されるものです。

仕組みは単純で、血糖値を低く保つ効果により、
食事で摂取したエネルギーがゆっくり吸収されることになります。

これによって、身体の中での脂肪生成を抑制するのです。

 

アトピーやアレルギーなどを改善するのは、腸内で善玉菌を増やす作用によるものです。

特に、腸内のオリゴ糖を増やして、それを栄養にする善玉菌が増殖していきます。

実は、アレルギーなどの免疫系の疾患の原因には消化不良が挙げられており、
それを改善することによって症状が改善するというわけです。

このように、身体にとって良いことずくめの食品なので、
お茶で手軽に摂取して健康改善に役立てましょう。