ゆず茶の効能効果が美容に優れているの訳は?

スポンサードリンク

a0027_002558

ゆず茶は、ゆずに含まれる豊富なビタミンによって美白効果があります。

たとえば、ビタミンCなどの含有量はレモンの3倍にもなります。

ビタミンCは、肌以外にも身体のいろいろなところに良い影響をもたらします。
特に疲労回復や風邪予防になるので、普段から積極的に摂取しておきましょう。

 

ゆず茶には他にも、栄養素としてペクチンという物質が含まれています。

これは食物繊維なので、腸の働きを整えてくれます。

その結果、下痢や便秘予防といった効能効果も持っています。

さらに、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病といった、
生活習慣病や血管の病気について予防するので、
中年以降の方の病気のリスクを低くしてくれます。

 

また、デトックス効果があり、ダイエットや健康目的で飲む方も多いです。
たとえば寝る前に飲むと、寝ている間に身体の老廃物を排出してくれます。

 

また、精神を安定させる働きもあり、安眠作用も持っていますので、
寝る前に飲むのにピッタリのお茶です。

基本的に栄養素が豊富で、身体の調子を総合的に整えてくれるので、
花粉症を予防するとも言われています。

先ほど挙げたビタミンCの他にも、カルシウムなどのミネラル分、
さらには鉄分なども多く含まれています。

これは特に、
ゆずの皮の部分に多く含まれているので、皮まで使用したお茶を飲むと栄養満点です。

食物繊維が多いため、飲み過ぎるとまれにお腹がゆるくなるかもしれませんが、
基本的には毎日たくさん飲めるお茶です。