癖になっている猫背の直し方

スポンサードリンク

5bc69aa3afc61f4c15ad3d5234bf4092_s

猫背はクセのようなもので、無意識のうちになってしまうもの。

意識するたびに背を伸ばそうと心がけるものの、
いつのまにか元に戻ってしまうことがほとんどです。

かといって一日中意識して背筋を伸ばし続けるわけにもいきません。

ではそんな猫背はどのように直すと良いのでしょうか。

 

猫背の直し方については、具体的な方法を行うよりもまず、
日常生活の中で猫背になりやすい習慣をできるだけ改善することが第一です。

背筋が丸くなってしまうような習慣を改めるわけです。

注意すべきポイントとしては、ソファによく座る、
あぐらをかくことが多いといった習慣がある人や、デスクワークが多く、
前のめりになって勉強や仕事を行う機会が多い人などは要注意です。

それからもうひとつ注意が必要なのが精神状態です。

後ろ向きな性格であったり、自分に自信が持てない人はどうしてもうつむきがちになり、
猫背になりがち。

それがますますマイナス志向をもたらしてしまうこともあるので注意しましょう。

 

こうしたポイントを踏まえたうえで、猫背の直し方としてはまず、胸の筋肉を鍛えることです。

胸を張って背筋を伸ばした状態を維持するためには胸の筋肉が必要です。

猫背の人は胸の筋肉が縮んでしまっているため、
それを矯正して正しい姿勢を取り戻す必要があるのです。

簡単な方法としては、両手を広げて開いた扉の両側に引っ掛けて、
体の重心を前方に押し出す方法。

それから、背中の部分にタオルを丸めたものをおいて仰向けになり、
背中を伸ばした状態で腹筋を行う方法です。

なお、その際には膝を立てて行うのがポイントです。

猫背は万病の元ともいわれるだけに、こうした方法で日々の生活の中で矯正を試みましょう。

スポンサードリンク