話すことは怖くない!吃り(どもり)の治し方とは?

スポンサードリンク

a0002_010334

どもりのせいで人と話すのが苦手になったり、
発言することができないという人は結構多いようです。

言葉がスムーズに出てこないので、 仕事や普段の生活で苦労している人はかなりいます。

それでは、この吃音症(きつおんしょう)という病気はどのような原因で起こって、
どうすれば治すことができるのでしょうか。

 

どもりの原因はいくつかあってそれが重なって症状が出ています。

そのため一人一人の要因は違います。

共通しているところは吃音者のほとんどが、どもりの資質を持っているというところです。

遺伝などの要素なので、どうしようもないなのですが、
これを持っている人に何かのきっかけがあると、吃り出すことが多いようです。

このきっかけというのは強いストレスやプレッシャーといわれています。

 

小さい子供は親からのストレスで、吃りが出ることがあります。

親に悪気がなくても、子供はちょっとしたことでストレスを感じます。

どもりの資質がない子供でも、チックの症状が出たり、トラウマになったりすることはあります。

しかし、子供の時に出た吃音はしばらくすれば治ることが多いので、
あまり気にしないでもいいかもしれません。

注意したり、言い直させたりしなければ自然になくなります。

吃りが出る子は5%といわれ、大人になるまで治らない子は1%といわれています。

 

子供の時にどもりがなくても、突然吃り出すこともあります。

誰かに何かを言われたのがきっかけという、原因が明確な場合もあります。

 

どもりは精神的なものが大きく、うまく話そうと思えば思うほど言葉が出なくなり、
それが続くことで、習慣化し悪化してしまうようです。

それでは、どうすればどもりを治すことができるのでしょうか。

 

これを治すにはやはり精神的なトレーニングが一番良いようです。

しかし、あまり意識しすぎると逆効果になってしまうので、
自然に気持ちを安定させる方法を取り入れるのが良いようです。

話すことへの緊張をなくして、意識をしないというのが、どもり改善には一番です。

 

吃音症に関しては、完全に治したという人がたくさんいるので、
参考にできるものも多く、治し方も多数あるようなので、
いろいろ探してみてもいいかもしれません。

こちらも参考になるかもしれません。
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

また、同じ悩みを持つ人と交流して情報を交換するというのも、
どもり改善の近道になると思います。

スポンサードリンク