歯をキレイに!歯間ブラシの使い方・選び方

スポンサードリンク

歯ブラシだけで完璧に歯の汚れを落とすことはほぼ不可能とされています。

a0002_004133

歯ブラシの糸で届かない歯間は歯間ブラシを使用して食べカスや歯垢を除去し、
磨き残しのないきれいな歯を保ちましょう。

歯間ブラシはスーパーやドラッグストアで安く購入できますが、
自分の歯間に合ったブラシを選びましょう。

またブラシによって使用方法が異なります。

間違った使用法で歯茎を傷つけてしまうこともあるので注意してください。

 

歯間ブラシの使い方は、基本的にはどのブラシも歯間に通し前後に往復させて汚れを除去します。

特に食べ物が詰まりやすい奥歯の部分は1回だけでは汚れが除去しきれないことがあります。

奥歯や歯間が狭い部分は何度かブラシを入れて往復させると良いでしょう。

また角度をつけながらブラシを往復するとより汚れを除去しやすくなります。

歯間が狭いとブラシの種類によっては入らないことがあります。

無理をすると勢いがついて歯茎を切ってしまうことがあるので、
その時は繊維タイプのブラシを購入しましょう。

 

ブラシは種類によって換え時が異なります。

ワイヤーやゴムタイプのものは清潔に保てば形が崩れるまで使用可能です。

繊維タイプのものは基本的に使いきりになっているので洗って再利用することは避けてください。

自分の歯間が分からない方は歯科医院の先生からアドバイスを受けることができます。

はじめて購入する方は一度歯科医からすすめてもらったブラシを使用すると良いでしょう。

スポンサードリンク