自宅で黄色い歯を白くする方法とは

スポンサードリンク

cd567be08bf21b436420da60675a562d_s

コーヒーや紅茶を飲み過ぎると色素沈着により歯の黄ばみが目立つようになってしまいます。

このようなことが原因で起こる歯の黄ばみは研磨作用がある歯磨き粉によって白くすることができます。

研磨作用とは細かい粒子によって歯を削ることで色素を剥ぐものです。

歯磨き粉によって研磨剤の量は異なっていますので、
なるべく多く研磨剤が含まれている歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

しかし注意点として、毎日続けていると歯の表面に細かい傷がつきやすくなるため週に1回程度に抑えておきましょう。

 

即効性を重視するならマニキュアがおすすめです。

ドラッグストアで売られている歯のマニキュアは、
樹脂系の塗料を歯に塗ることでホワイトニング効果を得ることができます。

歯科医院でホワイトニングするよりも手軽で低価格、また色を元に戻すこともできます。

塗って白くするので歯を傷つけることはほとんどありませんが、慣れていないと色にムラが出たり透明感が出にくかったりするのではじめてホワイトニングをする方には向いていません。

中には5年ほど効果が持続するクリニック用のマニキュアもありますので、
目的によって使い分けると良いでしょう。

 

安全性や効果が高い方法は歯科医院でホワイトニングしてもらうことです。

しかし定期的に通院しなくてはいけないので忙しい方は大変です。

そのため日頃から黄色くならないように気をつけながら生活をすることが大切です。

例えばコーヒーの他にもコーラやカレーなどを食べ過ぎても歯が黄ばみやすくなります。

歯ごたえがある野菜を食べると歯の汚れが落ちやすくホワイトニング効果を得ることができるでしょう。

スポンサードリンク