体に良くておいしい!菊芋の定番レシピ

スポンサードリンク

イヌリンが高血圧やダイエット、腸内環境改善に効果があることから有名な菊芋ですが、
食卓に上がることはほとんどないと思います。

まだまだ一般的な食べ物ではないので食べ方やレシピを知らない人も多いようです。

それでは、いつも菊芋を食べている人はどんなレシピでこれを摂取しているのでしょうか。

菊芋レシピのいくつかを紹介します。

 

菊芋のきんぴら

まず菊芋を皮が付いたままキレイに洗います。

汚れが取れたら、これを短冊状に 切っていきます。

ゴボウのきんぴらを作る要領で大丈夫です。

短冊状に切れたら、これを水にさらしておきましょう。

ニンジンも同じサイズに切ります。

そのあと鍋にサラダ油を入れ、カットした菊芋とニンジンを入れて炒めます。

しんなりしてきたら、砂糖を入れます。

その後、みりんやだしの素、醤油で味を調えたら出来上がりです。

 

菊芋チップス

歯ブラシなどで汚れをキレイに落とした菊芋をスライサーでスライスしていきます。

スライスしたらアクを取るため、しばらく水に付けておきます。

アクが取れたら、水気を完全に取ります。

ここまできたらあとは揚げるだけです。

190度の油で12分程度揚げれば完成です。

 

菊芋の漬物

菊芋の定番の味噌漬けの場合、ほかの料理と同じようによく洗い、
アクを取るために水に浸します。

その後、皮をむかずにスライサーでカットします。

味噌と調味料を合わせたボールにスライスしたキクイモを入れよくかき混ぜ、
ふたができる容器に入れ冷蔵庫で冷やします。

2日くらいたつと味噌の表面が水っぽくなってくるので、それをかき混ぜます。

これを繰り返すと1週間くらいで浅漬けとなります。

 

キクイモの定番レシピを紹介しましたが、これ以外にもおいしい食べ方はたくさんあるので、
いろいろ調べて見てはいかがでしょうか。

スポンサードリンク