下処理が大事!菊芋の食べ方

スポンサードリンク

a0002_010299

菊芋はチップス・漬物・サラダの他、最近では多くのレシピで用いられる食材です。

食べ方はいろいろあるのですが、下処理をきちんとして料理をしましょう。

 

菊芋の皮はアクが多いので、アクをとってから食べるのが一般的です。

菊芋の皮にはほとんど栄養が含まれていないので、
とくにアクで口の中が荒れるような人は皮をキレイに剥いて料理するといいでしょう。

また、それでもアクが気になるという人は、皮を剥いたあと水につけておくとアクがなくなります。

水につけておく時間は長ければ良いとゆうものではないので、
自分で調整しながら自分にちょうど良い時間を探っていきましょう。

菊芋の成分であるイヌリンは水溶性のため、長く水につけていると栄養が流れてしまいます。

 

菊芋の皮を剥かないで食べる場合は、汚れをキレイに落としましょう。

歯ブラシなどを使って洗うと細かい部分まで汚れが落ちます。

菊芋料理の注意点としては、菊芋の成分はお酢に弱いので、お酢と和える料理の場合は、
出来るだけ食べる直前にこれと和えるようにしましょう。

 

食べ方としては、生で細切りにしサラダでシャキシャキ食べたり、スライスしたものを揚げてチップスにしてサクッと食べたり、柔らかく煮て煮物として食べたりといろいろな食べ方が楽しめます。

煮物にした場合は、汁に栄養成分が流れて出てしまっているので汁まで飲むようにすると栄養も十分摂取できます。

菊芋はどんな食べ方でも楽しめるので、自分でいろいろ試して新しい食べ方を探してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク