菊芋の栽培【時期と注意点】

スポンサードリンク

a0027_001421

菊芋の栽培は農村などを中心に行われてきましたが、
近年では都会でもこれを行う人が増えてきています。

菊芋は生命力が強いのが有名で、それほど注意しなくても比較的簡単に栽培できる植物です。

定期的に水を与えなくても、都度与えていれば十分育ってくれます。

 

菊芋を植える場合は、4月くらいが良いと言われていています。

4月に植えた菊芋は9月には3メートルくらいの大きさに到達します。

この植物は成長がとても速くかなりの高さになるので、
出来るだけそれを考慮した場所での栽培を心がけましょう。

しかし、長くなりすぎた部分を切っても問題は無いので、
都会で栽培する場合でも対応は出来ます。

 

そして9月になった菊芋は黄色い花をつけます。

この花は1ヶ月くらい咲いているので、観賞して楽しむことが出来ます。

11月になるとこの花も枯れてきてしまい、12月には収穫が出来る状態となります。

 

菊芋の収穫は基本的には食べる分だけというのが一般的です。

というのも、キクイモは土の中の栄養を吸収するので、
食べない分は土から出さないようするのが良いとされています。

 

またキクイモは生命力がとても強いので、一度栽培すると容易に止めることはできません。

土の中の根を全て取り除かない限り、雑草のように無くならないのも特徴となっています。

したがって、キクイモを栽培するときは出来るだけ長期的な視野でやることと、
場所に注意をすることが重要です。

一方で、最近ではプランターで育てることもできるようになっているので、
一度挑戦してみたい人や大きな土地がない人でも楽しむことは出来ます。

スポンサードリンク