スポンサードリンク

ダンボールコンポストの作り方について

最近、ゴミの減量をかねて注目されているのがダンボールコンポストです。

コンポストでは、家庭から出る生ゴミを投入し、基材中の微生物の力を使って減量または堆肥化することができます。

生ゴミは大幅に減量でき、また農家や家庭菜園をしている家庭では、
できた堆肥を有効に使うことができるので一石二鳥とも言えます。

そこで、ダンボールコンポストですが、材料がダンボールなので、
作成にかかるコストを削減することも可能です。

作り方もシンプルで、だれにでも作ることができますが、強度の心配があるので、
頻繁に作り変えることが必要になるかもしれません。

 

作り方ですが、まずは材料を集めます。

出来たら2重構造のダンボールを使うと、強度を増すことができるでしょう。

それから成型時につかうテープですが、これはテーピング用のテープなど通気性のあるものを使います。

ダンボールコンポストは床に直接置いてしまうと通気性が悪くなってしまうので、
メッシュの台や小さなブロックなどを用意し、その上に置くことがおすすめです。

これらで外枠を作成します。

 

次に作り方のうちでもポイントと言えるのが基材です。

基材は好気性土壌微生物を多く含んでいるものが適します。

ココピートやおが屑に腐葉土を混ぜたものが最適でしょう。

また酸性化を防ぐために竹炭などを混ぜる場合もあります。

基材はダンボールの8割程度投入します。

生ゴミですが、だいたい500グラム程度を目安に投入しましょう。

ただ上に乗せておくのではなく、生ゴミを入れたら空気を抱くように攪拌しましょう。

「ダンボールコンポストの作り方について」の続きを読む…

モレスキンの使い方・活用方法について

モレスキンといえば、アーティストからビジネスマンまで、
様々な人に愛用されている手帳です。

この手帳はイタリアで作られた手帳なのですが、長い歴史があり、
ピカソやゴッホなどの著名人も愛用していたと言われています。

現在では、日本でも文房具屋や本屋でどこでも見かけるようになりました。

黒い撥水加工の表紙と、書き心地のよいノート部分、
それから手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴です。

シンプルであるがゆえに、使う人によってそれぞれの味を加えることができるというのも魅力です。

 

そこで、モレスキンの使い方です。

毎日のノートに使うには、すこし値段が高すぎるから特別なもののために…となかなか最初の1ページに書き込めずにいる人も多いかもしれませんね。

モレスキンを大事に使いたいという人は、本当に多く、
モレスキンの使い方を公開したウェブサイトやイベントは大人気ということです。

それらの情報を参考に、自分のモレスキンをどのように活用していけばよいのかを考えるというのよいかもしれませんね。

 

モレスキンの特徴の一つとして、使い込めば使い込むほどに魅力が増すということも上げられます。

硬い表紙は、使い込むごとになじんでいきます。

このなじみ感が、モレスキン愛用者にはたまらないとも言えます。

デジタル化が進み、携帯にどんな情報でも保存しておけるようになりましたが、
モレスキンはそんな世の中でもアナログを守りたい人や、
自分らしさを楽しみたい人におすすめなのです。

ピアッサーの使い方開け方の説明

ピアッサーとはピアスホールを開けるときに使う道具のことです。

よくピアスの開け方を聞いたときに安全ピンやマチ針を使うと言う人がいます。

これらは決して安全ではありません。

市販のピアッサーが安全であるという理由は、その素材にあります。

ピアッサーに使われている針はスタッドという素材です。

スタッドは厚生労働省にも認められている、もっとも金属アレルギーを起こしにくい素材なのです。

 

つまりそれ以外のもの、家庭で使っている針などでピアスホールを開けると、
金属アレルギーになる確率が大きく増してしまいます。

もし金属アレルギーを発症してしまうと、その後治ることはなく、
一生涯金属アレルギーを付き合うことになってしまうので注意が必要です。

 

ではピアッサーですが、基本的な開け方はどのピアッサーを使っても共通しています。

まず、開け方の一番初めのステップとしては、穴を開ける箇所を消毒しましょう。

これは、ピアスホールから雑菌がはいることを防ぐ大切なステップです。

 

次にピアッサーの針の部分を、ピアスホールの位置にあわせます。

あとは、怖がらずに、躊躇せずにカチッと音がするまで差し込みます。

このときに中途半端に止まってしまうと、ピアスホールが開かないばかりか痛い思いをします。

キレイにピアスホールを開けたい場合には、躊躇は禁物です。

開け方はとてもシンプルなので、自分でもできるのですが、
もし躊躇しそうな場合には他の人に頼んで開けてもらうとよいでしょう。

ピアッサーを使った後は、ファーストピアスをしばらくつけておきましょうね。

ファーストピアスの期間とケアの方法

a1180_003587

ピアッサーを使ってピアスホールを開けたら、次はピアスホールのケアです。

ピアスホールは人にもよりますが、完成するまでに時間がかかります。

基本的に1ヶ月から3ヶ月と考えましょう。

そこで、その期間はピアスホールはとても不安定です。

たとえば、ぶら下がるような重みのあるピアスをしてしまうと、ピアスホールは変形します。

 

また、ピアスホールを維持するためにはファーストピアスの存在がとても重要です。

ファーストピアスは、穴が完成するまでのピアスのことなのですが、
このピアスを付け続けることで穴が塞がってしまうことを防ぎます。

 

ファーストピアスにもデザインはいろいろあるので、それらを楽しむことは可能です。

またシークレットピアスといって、つけているようには見えないファーストピアスもあります。

ピアスホールが安定するまでの期間は、ピアスホールのケアがとても大切ですが、
その中でもファーストピアスをつけ続けるというのは重要なポイントです。

かわいいブラブラしたピアスでおしゃれをしたいと言う人も、
ピアスホールが完成するまでの期間は少し我慢しましょう。

 

それから、ファーストピアスをつけている期間は、ピアスホールの消毒も欠かせません。

ピアスのための穴とはいえ、体に傷をつけたわけです。

消毒を忘れてしまうと、化膿する原因になります。

もし傷口が化膿してしまうと、最悪の場合にはピアスホールを諦める必要も出てきますから、
これは避けたいですよね。

最低1日に1回は消毒しましょうね。

カモミールの効能って何?

a0006_002120

カモミールと言えば、精神を安定させてよく眠れるようになるという効能はよく知られていると思います。

実際、カモミールティーにはカフェインが含まれていないため、
ベッドにつく前に飲む飲み物としては最適です。

ただその効能のほかにも、女性には嬉しい効能がいくつかあるので紹介します。

まずは、肌への効能です。

 

カモミールには、肌の炎症やアレルギー反応を抑える効果のある成分が含まれています。

そのエキスを配合した化粧品を使ったり、カモミールオイルを入れたお風呂などに浸かることで、
それらの効果を実感できると思います。

また、メラニンの生成を抑える働きもあるので、美白効果もあります。

特に日焼けなどでダメージを受けた肌には、カモミールオイルを入れたお風呂が最適です。

そのほか、トラブルのない肌でも、たとえば乾燥がひどい季節には、
カモミールオイルを入れたお風呂に浸かることで、肌全体を保湿することができます。

 

それからほかの効能ですが、胃腸への効果もあります。

胃炎などの胃のトラブルや、冷えから来る下痢の予防ができます。

胃腸への効果を期待する場合はお茶の形で摂取すると良いでしょう。

 

また女性に嬉しい効果としては、月経に伴う月経痛やPMSの緩和です。

カモミールはこれらの症状の民間療法として、昔から使われていました。

カモミールティーを定期的に摂取することで、
さまざまな体のバランスを整えることができるのです。

カルダモンの効果効能

体の不調を感じると、どうしても市販の西洋医学の薬に頼りがちです。

これらの薬では、確かに症状は早く緩和されるかもしれません。

しかし、ハーブなどの自然の力で体調を回復させることができたら、
体にも優しいのではないでしょうか。

実際にハーブは、定期的に継続して摂取することで体質改善の効果をすることができます。

その中ののひとつがカルダモンです。

カルダモンはインディアンカレーのスパイスにも使われているハーブです。

カルダモンの効果としては、消化器官への働きが上げられます。

たとえば食べ過ぎや飲みすぎなどの症状があるときにカルダモンを摂取すると、
胃液や膵液の分泌を促進してくれるという効果が期待できます。

また、お腹にガスが溜まってしまって不快なときには、
カルダモンにはガスを取り除いてくれる効能があります。

 

その他の効能としては、呼吸器官に対する働きです。

カルダモンは咳や痰を押さえ、呼吸器官が正常に働くようにしてくれます。

さらに、風邪の引き始めにカルダモンを摂取すると、
体を温める効果があるので風邪を撃退してくれます。

 

また口臭予防の効果もあります。

これらの効能を見ていくと、、カルダモンは食後に摂取すると良いと言うことがわかります。

食後に摂取することで、口臭を予防し、消化液の分泌を促進するので、
食物の消化を助けることができるのです。

 

カルダモンはまだあまり聞きなれないハーブかもしれません。

ハーバルショップや健康食品店で見かけることができるので、一度試してみると良いでしょう。