魚焼きグリルの使い方

最近料理を始めたという人が、以外と分かりにくいのが魚焼きグリルの使い方です。

コンロのグリルに何もしないで魚を入れて、大変な思いをした人も多いのではないでしょうか。

9292d6bdf34f07cabd923bb63b8b6b49_s

魚焼きグリルにはいろいろな種類があるので、全てが同じやり方ではないのですが、最もポピュラーな水入れ片面焼きタイプが特に分かりにくいので、このグリルの使い方とグリルの種類について解説していきます。

魚焼きグリルの種類

魚を焼くグリルにはいくつか種類があって、水を入れるものと水を入れないものがあります。

もともとこのグリルは、下皿に水を入れるのが一般的で、
油落ちによる発火や、煙の発生などを抑えるように出来ています。

しかし最近では、水を入れないでもこれらの問題を解決出来るものが出てきていて、
グリルの手入れが非常に楽というとこもありとても人気になっています。

 

また、魚焼きグリルには両面が焼けるものと、片面しか焼けないものがあります。

両面焼きと片面焼きの違いは、その名の通りひっくり返す必要があるか、
そのまま焼けるかの違いです。

 

下皿に水を入れないものや両面焼きのものは、確かに便利なのですが、
ほかの物に比べると値段が高いというデメリットもあります。

「魚焼きグリルの使い方」の続きを読む…

歯をキレイに!歯間ブラシの使い方・選び方

歯ブラシだけで完璧に歯の汚れを落とすことはほぼ不可能とされています。

a0002_004133

歯ブラシの糸で届かない歯間は歯間ブラシを使用して食べカスや歯垢を除去し、
磨き残しのないきれいな歯を保ちましょう。

歯間ブラシはスーパーやドラッグストアで安く購入できますが、
自分の歯間に合ったブラシを選びましょう。

またブラシによって使用方法が異なります。

間違った使用法で歯茎を傷つけてしまうこともあるので注意してください。

 

歯間ブラシの使い方は、基本的にはどのブラシも歯間に通し前後に往復させて汚れを除去します。

特に食べ物が詰まりやすい奥歯の部分は1回だけでは汚れが除去しきれないことがあります。

奥歯や歯間が狭い部分は何度かブラシを入れて往復させると良いでしょう。

また角度をつけながらブラシを往復するとより汚れを除去しやすくなります。

歯間が狭いとブラシの種類によっては入らないことがあります。

無理をすると勢いがついて歯茎を切ってしまうことがあるので、
その時は繊維タイプのブラシを購入しましょう。

 

ブラシは種類によって換え時が異なります。

ワイヤーやゴムタイプのものは清潔に保てば形が崩れるまで使用可能です。

繊維タイプのものは基本的に使いきりになっているので洗って再利用することは避けてください。

自分の歯間が分からない方は歯科医院の先生からアドバイスを受けることができます。

はじめて購入する方は一度歯科医からすすめてもらったブラシを使用すると良いでしょう。

「歯をキレイに!歯間ブラシの使い方・選び方」の続きを読む…

オイルトリートメントや頭皮ケアに!椿油の使い方

20233802558305fa93da50d0493e6384_s

ヤブツバキの種から取れる植物性油脂の椿油には直接保湿機能に働きかけるセラミドを助ける働きがあります。

そのため髪や肌に使用すると乾燥している季節でも十分な潤いを維持することができ、
美髪美肌には大変効果的とされています。

また椿油にはオレイン酸と呼ばれる成分が含まれています。

この成分によって肌や髪に浸透されやすくなり、より効果を得やすくなります。

近年シャンプーや美容液にも使用されていますが、よりモチモチの肌とツヤツヤな髪を手に入れたい方は純度が高いオイルを使用すると良いでしょう。

 

ヘアケアの使い道には、オイルトリートメントや頭皮ケアなどがあります。

トリートメントの場合の使い方は、タオルドライ後オイルを1滴~3滴ほど手のひらになじませ毛先を中心に手ぐしを行います。

頭皮ケアの場合は、シャンプー前の乾いた頭皮にオイル(5ml)を全体に揉み込むようになじませ5分ほどおいた後シャンプーしてください。

 

スキンケアの使い道には、クレンジングやパック、毛穴ケアなどがあります。

クレンジングの場合は従来のオイルと同様で、乾いた手のひらになじませた後に目を中心に円を描くようにメイクを浮かせて落とします。

すすいだ後は十分に保湿ケアを行いましょう。

パックの場合は、洗顔後顔全体にオイルをたっぷり(5~6滴)馴染ませます。

5~10分経過したらティッシュなどで優しく拭き取り洗顔を行いましょう。

毛穴ケアの場合は、洗顔後オイル(4~5滴)で顔全体をくるくると5分ほどマッサージします。

その後蒸しタオルで顔を温め、洗顔料で洗い流してください。

壱岐の天然椿を搾った純正100% 椿油  120ml

壱岐の天然椿を搾った純正100% 椿油  120ml
価格:1,600円(税込、送料別)

カーテンタッセルのベストな位置と使い方

カーテンを束ねる際に使用するカーテンタッセル。

実用性はもちろんのこと、インテリアの一環として重要な意味を持っています。

とくに房付きのタッセルが人気で、客間などで使用する人が多いようです。

a0790_001074

しかし、このカーテンタッセルは活用方法が難しい面もあります。

たとえばタッセルで束ねたカーテンを房掛けに止めるために壁に穴を開けなければならないなどの問題もあります。

賃貸物件で暮らしている場合には、
とくにカーテンタッセルの使い方・位置が重要なポイントとなります。

 

まずどこに取り付けるかがポイント。

基本的には中心よりもやや下の部分となります。

目安もあり、カーテン全体の長さを「1.6 : 1」に分けたうえで装着するのベストとされています。

ただ、サイズやデザインによって微妙に異なってきます。

房付きのタッセルでは、やや上に付けた方が全体のイメージが映える一方、
大き目のタッセルではちょうど中間くらいにつけるとよく見えます。

この辺は実際に試して工夫してみる必要がありそうです。

 

房掛けのために穴を開けたくない場合には、カーテンにボタンを縫い付けて使用する方法もあります。

ダイヤモンドタッセルのようにロープタイプのカーテンタッセルもありますから、
穴を開けずに済むタイプのものを使用するのもひとつの選択肢でしょう。

 

せっかくオシャレなカーテンタッセルを使用しても、適切なカーテンタッセルの使い方・位置を踏まえておかなければインテリアとして役立てることができません。

試行錯誤を繰り返しつつ、カーテンや窓に合った方法を見つけてみましょう。

「カーテンタッセルのベストな位置と使い方」の続きを読む…

グルーガンの使い方と注意点

グルーカンといえばいまやDIYになくてはならない便利な道具となりました。

これはガンタイプの接着剤

銃口に当たる部分から接着剤が出てくる仕組みです。

グルーガンの中にスティック状の樹脂を挿入し、
熱でそれを溶かして接着剤として使用する形となります。

この樹脂が冷めて固まると接着するのです。

接着したい部分に銃口を向けるだけで接着できるため初心者でも手軽に利用できるほか、
包装から大工仕事、電機製品の接着、壁紙や床剤の接着、
さらにはアートまで幅広い分野で活用することができる点も魅力です。

 

ホームセンターで手軽に購入できるこのグルーガンの使い方はいたって簡単です。

冒頭にも挙げたようにスティック上の樹脂をグルーガンの背部にある穴に挿入し、
接着したい部分に使用します。

ただ、熱で樹脂を溶かすため、スティックを挿入する前にあらかじめ装置を温めておく必要があります。

プラグをコンセントに挿入し、スティックが溶け出す温度になるまでだいたい5分程度かかります。

 

それからこれはグルーガンの使い方というより注意点となりますが、
火傷しないよう気をつけて使用しましょう。

ハンダごてに比べれば温度は低いのですが、それでも130℃以上の高温になっています。

ちょっと一休みでテーブルの上に置いたときにうっかり触れてしまう、あるいは小さな子どもが好奇心から触ってしまうといったことで火傷しないよう気をつけなければなりません。

なお、目的によってはグルーガンの接着力だけでは不十分な場合もあります。

そんな時にはより強度に優れた接着剤を併用するとグルーガンの利便性を活かしながら作業を行っていくことができるでしょう。

ソムリエナイフの使い方は?

8954

レストランなどで、ウエイトレスが華麗にワインを開けている姿に憧れたなどという人も多いかもしれませんね。

彼らがワインボトルのコルクを開けるときに使っているオープナーをソムリエナイフと言います。

実際にワインのパッケージを開けるためのナイフがついてはいますが、
ナイフと言うよりもワインオープナーと言ったほうがよいでしょうか。

ソムリエナイフに憧れたとして、それを購入しても使い方が分からないという人もいるかもしれません。

まず、ソムリエナイフは大きく分けて3つのパーツに分けられます。

ワインのパッケージを開けるためのナイフ、コルクに刺すスクリュー、
てこの原理を使う際の支点になる部分です。

 

使い方ですが、まずはナイフを使ってワインのコルク部分のパッケージを開けましょう。

華麗なウエイトレスは、きれいに瓶の周りを一周させて開けていますね。

ここはスムーズに出来ると見栄えがよいです。

次にワインボトルのコルク部分にスクリューを差し、何周か回します。

あまり深くまで差す必要はないのですが、ある程度まで差したところで止めましょう。

最後はてこの原理をつかってコルクを持ち上げます。

ソムリエナイフで支点になる部分には、ワインのふちにかける溝があります。

この溝をワインボトルのふちにかけて、あとはコルクを持ち上げるだけです。

ソムリエナイフを使うと、ワインボトルは力を入れずにあけることができます。

力まずにスムーズにレストランのウエイトレスのようにかっこよくワインボトルを開けるにはソムリエナイフが必須と言えるでしょう。

接着芯の使い方や種類について

接着芯という言葉は聞きなれない人も多いかもしれません。

接着芯とは、接着芯地のことで、芯地の一種です。

芯地とは、洋服やバック、小物などを使うときに生地の裏に貼り、
表面の生地がたるんだり変形したりすることを防ぎます。

また表面に使う生地にもよるのですが、強度を加えるという役割もあります。

さて、その芯地の中でも接着芯地とは、片面に接着剤が既についているもののことを差します。

接着芯地では、表面の生地と芯地を縫い合わせる必要がないので、
初心者でも簡単に遣うことができるでしょう。

 

そこで使い方です。

接着芯地にもいくつか種類があります。

まず、片面がシールになっているものです。


この使い方は、慣れてコツを掴むまではすこし難しいと感じられるかもしれません。

というのも、大きな生地を扱う場合など、表面の生地にしわが寄りやすいからです。

ただ、シール面の紙を剥がしながらコツを掴んで貼ると、キレイに貼れます。

 

次にアイロンを使うものです。


アイロンを使う接着芯地では、アイロンの温度や圧力にも注意が必要です。

使い方さえ間違えなければ、もしかしたらシールのものよりもキレイに仕上げられるかもしれません。

これらの芯地は、省略してしまうことももちろん可能です。

ただ、出来上がった作品の型崩れなどを防ぐためには、やはり芯地は必要でしょう。

使い方の違いのほかにも、芯地には素材によっての特徴もあります。

それらを把握した上で、上手に使い分けたいものですね。

モレスキンの使い方・活用方法について

モレスキンといえば、アーティストからビジネスマンまで、
様々な人に愛用されている手帳です。

この手帳はイタリアで作られた手帳なのですが、長い歴史があり、
ピカソやゴッホなどの著名人も愛用していたと言われています。

現在では、日本でも文房具屋や本屋でどこでも見かけるようになりました。

黒い撥水加工の表紙と、書き心地のよいノート部分、
それから手帳を閉じるためのゴムバンドが特徴です。

シンプルであるがゆえに、使う人によってそれぞれの味を加えることができるというのも魅力です。

 

そこで、モレスキンの使い方です。

毎日のノートに使うには、すこし値段が高すぎるから特別なもののために…となかなか最初の1ページに書き込めずにいる人も多いかもしれませんね。

モレスキンを大事に使いたいという人は、本当に多く、
モレスキンの使い方を公開したウェブサイトやイベントは大人気ということです。

それらの情報を参考に、自分のモレスキンをどのように活用していけばよいのかを考えるというのよいかもしれませんね。

 

モレスキンの特徴の一つとして、使い込めば使い込むほどに魅力が増すということも上げられます。

硬い表紙は、使い込むごとになじんでいきます。

このなじみ感が、モレスキン愛用者にはたまらないとも言えます。

デジタル化が進み、携帯にどんな情報でも保存しておけるようになりましたが、
モレスキンはそんな世の中でもアナログを守りたい人や、
自分らしさを楽しみたい人におすすめなのです。