喪中とは?期間・範囲はどこまで?

喪中とは近親者が無くなった場合に、
祝い事などをせず喪に服している期間のことを言います。

昔の日本では死者が出ると、隣近所に同じような災いをもたらさないように、
この期間は家を出てはいけないという習わしがありました。

さらにこの期間は神様に接することも禁止となっていて、
神社仏閣への参拝・初詣でなども禁止されていました。

それが現在にも受け継がれていて、喪中は正月の飾りつけをやめ、
年賀状を控えるということになっているようです。

bccd99028843e0cd27b8d67c5d81f78b_s

喪中の期間はいつまで?

喪に服す期間は、明治7年に太政官布告で忌服と服喪に分けて細かく設定されています。

父母 忌日50日・喪日13か月
養父母 忌日30日・喪日150日
夫 忌日50日・喪日13か月
妻 忌日20日・喪日90日
嫡子(息子) 忌日20日・喪日90日
その他の子(娘) 忌日10日・喪日90日
養子 忌日10日・喪日30日
兄弟姉妹 忌日20日・喪日90日
祖父母(父方) 忌日30日・喪日150日
祖父母(母方) 忌日30日・喪日90日
おじおば 忌日20日・喪日90日
夫の父母 忌日30日・喪日150日
妻の父母 忌日なし・喪日なし
曾祖母 忌日20日・喪日90日

しかし、太政官布告の法令は現在では廃止されているため、
上記の期間は目安程度に考えると良いでしょう。

一般的には四十九日が忌中、一周忌までが喪中と判断することが多いようです。

 

範囲はどこまで?

年賀はがきを書くシーズンになったとき、
今年は喪中のお知らせにするべきか年賀状を出すべきか悩んだことはないでしょうか。

自分に近い人に不幸があった場合は喪中でもいいけど、
そんなに近くない人の場合どうすれば良いのかわからないケースがあると思います。

 

0親等(配偶者)・1親等(親・子供)・2親等(祖父母)は1年間喪中とするのが一般的で、
当然ですがこの場合は年賀状は控えなければいけません。

一方、3親等・4親等の場合はこの範囲ではなく、
例年通り年賀状を出しても問題ないようです。
「喪中とは?期間・範囲はどこまで?」の続きを読む…