歩くだけで痛い!巻き爪の治し方・改善方法

巻き爪がひどくなって、ちょっと歩いただけで痛くてしょうがないなんてことありませんか?

そんな時は歩くだけではなく、立つのも苦痛で、
何をしていても気になって集中できないと思います。

302caba0c27eba2c9113ac3be8eddcb0_s

巻き爪にはいくつかの原因があり、軽度のものから重度のものまで症状は様々で、
治し方もいくつかあります。

病院での治療だけではなく、症状によっては自分で直すこともできるので、
できるだけ早く対処するのがいいでしょう。

どのように治療していけばいいのかは、その原因によっても変わってくるので、
原因を知り直し方を知って悩みを解決しましょう。

 

巻き爪の原因とは?

巻き爪の原因にはいくつかあるといわれています。

自分で予防できるものもあれば、そうでないものもあり、
その原因を探ることで巻き爪の対処にも役に立ちます。

 

たとえば自分で対処が不可能なものは、遺伝によるケースです。

親の爪が丸くなっている場合、もしかしたらこのようなことも考えられます。

 

また老化によっても、巻き爪はおこるといわれています。

爪は年を取ると厚くなってきます。

厚くなった爪は水分が行き届かなくなってしまい、
乾燥して内側縮んでしまうといわれています。

 

これらのケースではなかなか対処も難しく、簡単に治らないようにも感じますが、
原因が複合していることも考えられるので、ほかの原因も知っていた方がいいかもしれません。

 

この他の原因としては爪の切り方があります。

深爪や爪の両端を落としてしまうと、爪は指の肉に食い込みやすくなってしまいます。

こうなると爪がどんどん丸まって肉を巻き込んでしまいます。

このようにならないためには、爪の両サイドを切り落とさないように爪を切ることが重要です。

 

また靴の形によっても巻き爪になることがあります。

これは女性に多いのですが、足の先が細くなっている靴を履くことによって、
爪に圧力がかかり変形することがあります。

運動をしても爪に負担がかかり変形することがあるので、
自分に合った靴を履くことでこれらを予防することができます。

 

巻き爪の治療方法

巻き爪の治し方はその症状によってだいぶ変わってきます。

軽度や中度の症状の場合は自分で矯正することで、症状を緩和することができます。

軽度や中度の場合に良く使われているのが、ワイヤーを使った専用の矯正キットです。

自宅で治せるワイヤー式矯正キット

病院のワイヤー治療に近く、簡単に自分でできて効果が高いのが特徴です。

 

重度の場合は自分で治すのは難しく、病院での治療が必要となります。

病院では中度程度の治療であればワイヤーを使った治療を行いますが、
重度となると手術になるケースが多いようです。

重度に近い人で自宅治療したい場合このような矯正機を使って爪の形を変える人もいるようです。

 

かなり巻き爪が進行しているようであれば、
皮膚科などに相談して治療を始めることをおすすめします。
「歩くだけで痛い!巻き爪の治し方・改善方法」の続きを読む…

リラックスして体内時計の調整!時差ボケ解消・治し方

a1180_013410

海外へ赴くと必ず見舞われることになるのが時差ボケ。

何度も海外に赴いても一向に慣れない人も多いようです。

では効果的な時差ボケ解消・治し方はあるのでしょうか。

 

まずどの程度の期間海外へ赴くのかで時差ボケ解消・治し方は異なってきます。

数日程度の短期間の旅行ならとくに対策は行わず、
普段どおりに生活を送っていれば自然と元に戻ります。

ただその場合でもちょっとした工夫で早く解消することができるようになります。

まず飛行機での過ごし方。

長時間のフライトではついつい退屈して映画をダラダラと観てしまう人も多いようですが、
それは避けて現地の時間に合わせて睡眠をとるようにしましょう。

フライトの段階で現地の時刻に体を合わせておくのです。

そうすれば現地についてから適応しやすくなります。

 

現地に着いた時に日中か夜かによって対応が異なります。

日中の場合はできるだけ普段どおりに行動するのが望まれますが、
どうしても眠い場合には2~3時間程度の仮眠を取って体内時計を調節しましょう。

あまり寝すぎると今度は夜に眠れなくなるので要注意です。

夜に到着したらそれに合わせて眠るようにしましょう。

どうしても眠れない場合にはアルコールを少し飲んだり、
入浴や音楽を聴いたりしてリラックスして眠気を誘う工夫をしましょう。

そしてできるだ朝は早くおき、日光を浴びて体内時計の調節を心がけます。

 

こうしたちょっとした時差ボケ解消・治し方を実践するだけでも海外旅行の悩みを軽減することができます。

海外へ赴く際には心がけておくとよいでしょう。

「リラックスして体内時計の調整!時差ボケ解消・治し方」の続きを読む…

肌荒れ注意!赤ら顔の治し方

3698

赤ら顔の悩みを抱えている人は対人関係の悩みも生じてしまうことが多いようです。

赤ら顔が気になって思うように人と接することができなくなってしまうからです。

それだけに悩みが深刻にならないうちに早めに対策・改善を行う必要があるのですが、
どのような方法で治すことができるのでしょうか。

 

赤ら顔の治し方は原因や症状によって異なります。

たとえばメンタル面が原因の場合。

緊張や不安で血管が拡張して発症する場合にはメンタル面へのケアが必要です。

対人恐怖症や神経症といった問題を抱えているケースも多いため、
カウンセリングなど医療機関などでの専門的な治療も必要です。

 

ただ大半の赤ら顔は皮膚の健康状態の悪化によって生じるものです。

とくに多いのが肌の炎症。

ニキビが出来やすい人はとくに要注意。

そのため日々のスキンケアで肌の健康状態を改善させることが大事です。

また、体の内面の問題が皮膚に問題を引き起こしている場合もあります。

もっとも多いのが「酒さ」。

アルコールを多く飲む人によく見られるもので、
毛細血管が拡張した状態に陥ってしまっています。

アルコール、あとはカフェインを控える、
香辛料など刺激の強い食材は避けるといった日々の対策も大事な赤ら顔の治し方です。

 

あとは赤ら顔の治し方としては皮膚科や美容外科で行われる専門的な治療も挙げられます。

とくに普及しているのがレーザー治療。

レーザーを照射することで血行の代謝を改善するほか、
皮膚の表面に浮いてしまった糸状の血管を除去することができます。

「肌荒れ注意!赤ら顔の治し方」の続きを読む…

強迫性障害の原因・治し方は?苦しまない為にすることは?

a0002_004054

手を洗ったばかりなのに汚れが気になって、また手を洗いたくなったり、
鍵をかけたか気になって、何度も確認してしてしまうことはありませんか。

もしこのような症状があれば強迫性障害という病気かもしれません。

この強迫性障害は、日本人の40人に1人に見られると言われていて、
症状が出るのは10代から20代の若い時期が多いとされています。

強迫性障害は、やっても意味がないとわかっていてもやりたくなる「強迫観念」と、
その不安を消すため、繰り返し行う行動の「強迫行為」からなっていて、
不潔強迫・確認行為・加害恐怖・被害恐怖など様々な症状がでます。

 

原因としては脳の神経伝達物質であるセロトニンに、
何らかの異常が発生していると考えられています。

このため強迫性障害の治し方としては、セロトニンの異常を調整する薬を使用することが多くなっています。

薬以外の方法としては、認知行動療法と言われるものがあり、これはうつ病などの治療でも行われているもので、ストレスにうまく対応できる気持ちを作る作用があります。

一般的にはこれらの方法を用いることが多いのですが、この療法にはデメリットもあります。

それは非常に時間がかかるというところです。

薬については、効果が出るまで多くの時間がかかるとされ、
効果が出ても1年から2年近く飲み続ける必要があると言われています。

 

強迫性障害の症状が出ている人は他人からわかってもらうことが難しく 、恥ずかしいと思い一人で抱え込んでしまうことが多いので、早期の治療は必須となってきています。

改善されるまでの時間が長いので、そのような症状が出ているなら、
早めに診察を受けた方がいいでしょう。

このような療法も参考になるかもしれません。

鈴木式 強迫性障害・強迫神経症改善プログラム

 

強迫性障害は40人に1人と言われるぐらい多くの人が悩んでいる病気です。

芸能人の中にもこのような症状で悩んでいる人はいて、
女優の遠野なぎこさんもブログでこの病気を発表していました。

強迫性障害の経験者はとても多いので、
自分一人で抱え込まず誰かに相談したほうがいいでしょう。

同じ苦しみを持った人と、交流を持つことができるかもしれません。

「強迫性障害の原因・治し方は?苦しまない為にすることは?」の続きを読む…

話すことは怖くない!吃り(どもり)の治し方とは?

a0002_010334

どもりのせいで人と話すのが苦手になったり、
発言することができないという人は結構多いようです。

言葉がスムーズに出てこないので、 仕事や普段の生活で苦労している人はかなりいます。

それでは、この吃音症(きつおんしょう)という病気はどのような原因で起こって、
どうすれば治すことができるのでしょうか。

 

どもりの原因はいくつかあってそれが重なって症状が出ています。

そのため一人一人の要因は違います。

共通しているところは吃音者のほとんどが、どもりの資質を持っているというところです。

遺伝などの要素なので、どうしようもないなのですが、
これを持っている人に何かのきっかけがあると、吃り出すことが多いようです。

このきっかけというのは強いストレスやプレッシャーといわれています。

 

小さい子供は親からのストレスで、吃りが出ることがあります。

親に悪気がなくても、子供はちょっとしたことでストレスを感じます。

どもりの資質がない子供でも、チックの症状が出たり、トラウマになったりすることはあります。

しかし、子供の時に出た吃音はしばらくすれば治ることが多いので、
あまり気にしないでもいいかもしれません。

注意したり、言い直させたりしなければ自然になくなります。

吃りが出る子は5%といわれ、大人になるまで治らない子は1%といわれています。

 

子供の時にどもりがなくても、突然吃り出すこともあります。

誰かに何かを言われたのがきっかけという、原因が明確な場合もあります。

 

どもりは精神的なものが大きく、うまく話そうと思えば思うほど言葉が出なくなり、
それが続くことで、習慣化し悪化してしまうようです。

それでは、どうすればどもりを治すことができるのでしょうか。

 

これを治すにはやはり精神的なトレーニングが一番良いようです。

しかし、あまり意識しすぎると逆効果になってしまうので、
自然に気持ちを安定させる方法を取り入れるのが良いようです。

話すことへの緊張をなくして、意識をしないというのが、どもり改善には一番です。

 

吃音症に関しては、完全に治したという人がたくさんいるので、
参考にできるものも多く、治し方も多数あるようなので、
いろいろ探してみてもいいかもしれません。

こちらも参考になるかもしれません。
【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

また、同じ悩みを持つ人と交流して情報を交換するというのも、
どもり改善の近道になると思います。

「話すことは怖くない!吃り(どもり)の治し方とは?」の続きを読む…

頚椎が歪むストレートネックの治し方は?

a0002_010607

猫背といえば通常、背中が丸くなった状態のことをイメージします。

しかし実際には、背中以外が原因で発症することもあります。
腰痛はその代表格ですが、もうひとつ注意が必要なのがストレートネック。

首がまっすぐに歪んだ状態のことです。

「まっすぐに歪んだ」という表現に違和感を感じる人もいるかもしれません。

しかし首はもともと30~40度程度に湾曲しています。

そのためまっすぐに伸びた状態こそ「歪んで」いるのです。

この状態になると頭が前のめりにになり、つねにうつむいた状態になるため、
どうしても背筋も丸くなって体全体が歪んでしまうのです。

 

では、このストレートネックはどのように治していくのでしょうか。

頚椎が歪んでしまっている状態のため、
ストレートネックの治し方はそれほど簡単ではありません。

基本的には整形外科などで専門家の治療を受けながら行っていくことになります。

一般的に行われるストレートネックの治し方では、装具が使用されます。

就寝中に首に装具を付けるなどして首に「クセ」を付けるのです。

また、治療用の枕なども使用されます。

それから薬物療法。

こちらは痛みがともなう場合に使用される方法です。

ストレートネックが進行すると炎症が発症することがあるため、
それを和らげるために必要な治療法です。

薬では非ステロイド性消炎鎮痛剤などが使用されますが、
根本的な治療にはならないので注意が必要です。

 

日常生活におけるポイントとしては、長時間同じ姿勢をとらないようにすること。

これがもっとも堅実なストレートネックの治し方とも言われています。

まずは日常生活の中で原因を作っていないかどうかを確認してみることが必要でしょう。

「頚椎が歪むストレートネックの治し方は?」の続きを読む…

こむら返りの治し方

687279eef786e5e34d3590af5dbf2ad3_s

こむら返りは一時的にふくらはぎが激しくつり、痛みが走る症状です。

そのためこむら返りの治し方には発症しないための予防も含まれます。

 

まず発症した場合のこむら返りの治し方を見ていきましょう。

痛みを我慢すればいずれ引くため、それほど緊急の処置が求められるわけではありませんが、早く症状を治めるために役立つ対処方法があります。

それは筋肉を伸ばすこと。

こむら返りは筋肉の急な収縮によって発症するもの。

ですから反対に伸ばせばよいのです。

ポイントとしては足を立ててつま先を顔の方に向ける状態で足をまっすぐの伸ばすこと。

単に足を伸ばすのではない点が重要です。

もちろん、過剰な負荷をかけないためにもゆっくりと伸ばしていきます。

就寝中に発症するため、基本的には自分ひとりで対処する必要があるわけですが、
近くに誰かがいた場合には足の裏側から押してもらうとよいでしょう。

つま先を顔に向けるのをサポートしてもらうわけです。

 

つま先をうまく顔の方へ向ける方法もあります。

タオルの両端を両手で掴んだ状態で足の裏に回して引っ張る方法。

これなら体が硬くなった高齢者の人でも簡単に行うことができるでしょう。

あるいは壁に足をべったりとつけてふくらはぎを伸ばしながらおしつけていく方法もあります。

 

それから予防法。

上に挙げた方法をストレッチとして毎日行うことのほか、
栄養バランスを整えることも大事です。

とくにビタミンB群、カルシウム、マグネシウムをしっかり摂取できる食生活を心がけましょう。

 

あとは疲労回復。

筋肉の疲労が蓄積しないよう、休息を確保するよう心がけましょう。

「こむら返りの治し方」の続きを読む…

即効性がある口内炎の治し方

00c692724a7e42e456128c9b581bdf59_s

口内炎になってしまうと日々の食生活に支障が生じます。

せっかくの食事も飲食のたびにしみて痛い思いをしてしまうようではストレスも溜まってしまいます。

そのためにもできるだけ早く治すことが大事です。

 

では即効性がある口内炎の治し方について見てみましょう。

もっとも即効性があるのは間違いなく医師から薬を処方してもらう方法です。

これなら1日で治すことができるでしょう。

ただ、わざわざ医療機関に赴いて治療を受ける手間を考えると決して手軽な方法とはいえません。

日常生活でできる即効性がある口内炎の治し方についてはもともとの原因や生活習慣によって異なってきます。

軽度の症状の場合はうがい薬がもっとも手軽で効果が期待できます。

炎症の原因となる細菌をうがい薬で殺菌するわけです。

効果があれば数日程度で治すことができるでしょう。

 

もっと即効性が高く、炎症が進行した場合にも役立つ治し方では市販の貼り薬がお勧めです。

口内に薬を貼るため少々不便な思いをすることになりますが、
その分うがい薬よりも高い効果が期待できます。

手間と即効性の総合力ならこれが一番の方法ではないでしょうか。

ドラッグストアで探してみるとよいでしょう。

 

もうひとつ、基本となるのが食生活、とくに栄養状態の改善。

口内炎はビタミンB2、B6の不足が原因となることが多いため、食生活を改善するか、必要ならサプリメントを活用して再発を防ぐ対策も行っていくことが求められるでしょう。

これらの方法の中で適切なものを選べば2~3日程度の間に治すことができるはずです。